新型コロナウイルス感染症拡大の状況に鑑み開催形式について慎重に議論を重ねてまいりましたが、現地開催を中止し完全オンライン開催に変更することを大会実行委員会で決定いたしました。

直前の開催変更で、既に準備を進めておられる会員の皆様、ご講演賜ります演者の皆様には大変ご迷惑をお掛けしますが、オンライン開催においても、同様の実りある会にすべく努めてまいりますので、どうぞ、ご理解とご協力を賜りますようお願い申し上げます。

応用統計学フロンティアセミナー
「応用統計学の過去、現在そして未来へ」

主催: 応用統計学会
共催: 統計数理研究所
後援: 一般財団法人 日本統計協会、統計関連学会連合、一般社団法人 日本品質管理学会

応用統計学会は、2022年で40周年を迎えます。これまで本学会では様々なテーマを掲げ「応用統計学のフロンティアセミナー」を開催しています。本年は、40周年記念とし、「応用統計学の過去、現在そして未来へ」とし、応用統計学会の歴代会長に御講演をお願い致しました。 本セミナーは、応用統計学会の学会員だけではなく、 他学会の皆様、一般の皆様にも公開いたします。

新型コロナウイルス感染症対策の基本的対処方針に則った万全の体制にて、開催したいと思います。開催形態は、現地とオンライン会議システム(zoom)を利用したハイブリッド形式で開催いたします。人数を制限しての開催となりますが、皆様のご参加をお待ちしております。なお、本大会は統計数理研究所で規定された新型コロナウイルス感染症対策の基本的対処方針に沿って実施いたします。そのため、現地参加申込者数が25名に達した時点で、現地の参加はいったん締め切らせていただきます。

数多くの方のご参加をお待ちしております。

会場

統計数理研究所
Zoomによるハイブリッド開催
今後の新型コロナウィルス感染症の拡大状況によっては、完全オンライン開催となることもございます。

日時

2022年1月29日(土):12:55~17:00

参加申込
参加者ポータルへ

参加申し込み・費用

  • 2021年11月26日(金) ~2022年1月29日(土)
    講演集の発送のため、申込みは1月20日までに事前登録及びお支払いをお願いいたします。参加費のお支払い済みの方には1月22日に講演集を発送致します。それ以降の申し込みは講演日以降に講演集が届きます。オンライン参加の場合のZoomの情報は1月28日昼頃を目処に参加者ポータルサイト上及びメールにてご案内いたします。
  • 参加費(郵送料含む):
    会員
    ¥2,000
    非会員
    ¥4,000
    学生(会員・非会員)
    ¥1,000
    お支払い方法は銀行振込(1月14日まで振込先口座は申込後にお知らせいたします)・オンラインクレジット決済が利用可能です。

講演者(歴代応用統計学会会長)とプログラム

(各講演45分、質疑応答10分、5分休憩)

12:55
開会
13:00~13:55
永田  靖 氏(早稲田大学)
「多重比較法の基礎」
永田  靖 氏(早稲田大学)1957年生まれ。応用統計学会会長、日本品質管理学会会長等を歴任。1985年大阪大学大学院基礎工学研究科博士後期課程修了(工学博士)。熊本大学工学部講師、岡山大学経済学部助教授・教授を経て、1999年より早稲田大学経営システム工学科教授。専門は統計科学。日経品質管理文献賞、早稲田大学ティーチングアワード、デミング賞本賞等を受賞。著書:「入門統計解析法」「入門実験計画法」「統計的多重比較法の基礎」「サンプルサイズの決め方」他多数。
14:00~14:55
樋口 知之 氏(中央大学)
「帰納と演繹の融合:データ同化と深層学習」
樋口 知之 氏(中央大学)1961年生まれ。1989年東京大学大学院理学系研究科修了(理学博士)。現在、中央大学理工学部ビジネスデータサイエンス学科教授および、AI・データサイエンスセンター所長。ブリヂストン 特別技術顧問およびブレインパッド 顧問。産業界をAI技術の観点から支援する、 NEDO ロボット・AI部PLおよび産業技術総合研究所 人工知能研究センター 研究顧問も担っている。現在、日本統計学会会長、統計関連学会連合理事長。2011年から8年間、統計数理研究所の所長および情報・システム研究機構の理事を務めた。2020年、厚生労働省の「現代の名工」にデータサイエンティスト部門で初受賞。
15:00~15:55
岩崎  学 氏(統計数理研究所)
「今こそ考える「因果」と「相関」」
岩崎  学 氏(統計数理研究所特任教授、順天堂大学大学院客員教授)1952年静岡県浜松市生まれ。応用統計学会前会長。統計関連学会連合理事長および日本統計学会会長など統計関連諸学会の役員を歴任。専門は統計的データ解析の理論と応用、ならびに統計・データサイエンスの普及啓発。東京理科大学大学院修了。理学博士。茨城大学工学部、防衛大学校、成蹊大学理工学部、横浜市立大学データサイエンス学部を経て現職。内閣府、文部科学省、医薬品医療機器総合機構などの専門委員を多く務める。著訳書に「統計的因果推論」、「ローゼンバウム統計的因果推論入門」など多数。
16:00~16:55
椿  広計 氏(統計数理研究所)
「統計エキスパート育成事業開始に当たって~アメリカの統計家とデータサイエンティスト育成から学ぶべきこと~」
椿  広計 氏(統計数理研究所)1956年東京生まれ。東京大学工学部 計数工学科出身(工学博士)専門は応用統計学。東京大学工学部助手、慶應義塾大学理工学部講師、筑波大学大学院ビジネス科学研究科助教授・教授、統計数理研究所教授、(独)統計センター理事長を経て、現在統計数理研究所長。応用統計学会長、日本品質管理学会長、統計関連学会連合理事長を歴任。現在、応用統計学会理事、品質工学会会長、自殺総合対策学会理事長、横断型基幹科学技術研究団体連合副会長、総務省統計委員会委員長等。
17:00
閉会

キャンセルポリシー

参加希望者は、このサイトにて事前の参加登録・お支払いをお願いします。お支払い方法は、各種クレジットカードもしくは銀行振り込みとなります。先着順で受付します。空席がある場合は、当日も受付を行いますが、2022年1月14日(金)以降は、着金確認などの関係から、クレジットカードでのお支払いのみとなります。定員に達しました場合には、締め切り以前に申し込み受付を終了します。支払いが確認できた方には、メールにて領収書をお送りします。参加費のご入金後はキャンセルできかねますのでご了承ください。

大会実行委員会(応用統計学会理事会フロンティアセミナー担当)

会長 富澤貞男 (東京理科大学)
副会長  松浦正明 (帝京大学)
企画理事 前園宜彦 (中央大学)、山本紘司 (横浜市立大学)
会計理事 安藤宗司 (東京理科大学)
庶務(情報・広報)理事 生亀清貴 (日本大学)
庶務(文書)理事 田畑耕治 (東京理科大学)

Copyright© 2021 Japanese Society of Applied Statistics. All Rights Reserved.
Powered by Y WEB SYSTEM.

特定商取引法に基づく表記